バイクの引越しは一括見積もりを利用して料金を比較しよう

バイク引越し一括見積もり

 

引越しをする場合に家財道具だけでなく、バイクも一緒に持っていくということも多いです。近距離への引越しであるなら自分でバイクに乗っていくという方法もありますが、当日の天候などのこともありますしできれば業者に運んでもらったほうが安心です。また遠距離への引越しの時には当然自分で乗っていくという方法ではむつかしいですので、運んでもらうということを前提に引っ越しを考えたほうがよいでしょう。バイクの引越しとなりますとまずは家財道具といっしょに同じ会社に依頼するというやり方があります。これですと手間もかかりませんので一度に済ませられて便利です。

 

ですが業者によってはバイク対応はしていないところもありますのできちんと事前に調べなければなりません。またバイクなどを専門にあつかって引っ越しをしてくれる業者もあります。この場合には非常に慣れていますので、引っ越し後の手続きなどもまかせることができる業者も多いです。どのような方法をとるにしろ、気になるのは料金でしょう。やはり引越しの料金は少しでも安く上げたいというのが本音ですが、自分でひとつひとつ料金を調べて検証するというのはかなり面倒ですし、自分で調べた結果がかならずしも一番安い業者ではなかったということもあり得ますので時間の無駄にもなりかねません。そんな時は一括見積りを利用して料金を比較しましょう。

 

引越しに関しては少しでも多くの業者を比較することで、サービスにどのような違いがあるのかはっきりしますので納得して選ぶことができます。基本的な引越しだけでなくバイクも一緒にといった時などには特に便利で、オプションとして付けたほうがよいのか、あるいは単独で依頼したほうがよいのかが一目瞭然になりますので、いろいろと考えずにすみます。一括見積りでしたら自宅でもどこからでもネットに必要な条件を入力して比較するだけですので、引っ越し前の忙しい中でも気軽にできますのでおすすめです。

原付バイク(50cc〜125cc)の引越し手続き方法

バイク引越し手続き方法

 

引っ越しをしてそれまで住んでいた街から別の街に移るという時には原付きバイクの住所変更の手続きも必要になります。決められた引越し手続き方法に基づいて手続きを行いましょう。基本的に原付バイクは各市区町村の管轄になりますので、新住所と旧住所の管轄が違うという場合はナンバーを変更することになります。そして、ナンバープレートを外して持参し、市区町村に届出を提出します。

 

別の市区町村以外へ引越しをするという場合には、それまで住んでいた住所がある市区町村役場にナンバープレートを返納して、廃車申告受付書を発行してもらう必要があります。その時に必とされる書類は、廃車申告書とナンバープレート、標識交付証明書、身分証、そして印鑑です。標識交付証明書は車でいえば車検証のようなものです。転出時にはこれらの書類をもって手続きに行きます。その後は新住所地の市区町村役場に、住所変更から15日以内に手続きを行ってナンバープレートを受け取る必要があるのです。その時に必要とされる書類には、廃車申告受付書と住所確認ができる住民票の写しや免許証の写し等、そして印鑑です。新住所地の市区町村役場で原付バイクの登録手続きを行います。ただ、同じ市区町村内で引っ越すという場合には手続きは不要とされています。転居届を提出すると自動的に変更がなされるためです。

 

市区町村外に筆耕す場合、ナンバープレートを返納するため、新しい住所地で使用する原付バイクのナンバーは変わります。新住所地の市区町村役場の窓口に必要な書類一式をそろえて提出すると、不備がなければ10分くらいで新しい車検書がもらえ、軽自動車税の申告と納付を行い、新しいナンバープレートを受け取れば住所変更の手続きは完了します。このプロセスについてわからないことなどがあれば、案内所で質問をすれば丁寧に説明をしてもらえます。市区町村外などの新しい住所に引っ越した場合には原付バイクの引越し手続きが必要になります。手続きは忘れずに行うようにしておくことが必要です。

軽二輪バイク(126cc〜250cc)の引っ越し手続き方法

バイク引越し軽二輪バイク

 

バイク(オートバイ・自動二輪車)は排気量によりその区分が定められており、排気量126cc〜250ccは軽二輪バイクとなっています。自転車の一種となる原付と異なり、各種の手続きでは軽車両として自動車と同様に取り扱われることになります。一方で車検が不要となっているため、特に初心者ライダーには人気の車両区分となっているようです。引越しなどで住所が変更になった場合には、住所変更の届出が必要になります。以下の引越し手続き方法をしっかりと確認しながら、必要な手続きを行うようにしましょう。

 

まずは管轄する陸運局が同一の場合の、住所変更の届出に必要な書類を確認してみましょう。住所変更の届出には、「届出済証」を用意することが必要になります。これは一般車両における車検証に相当するものであり、車検が不要な軽二輪バイクに特有の書類です。その他には新しい住所地における、住民票を用意していください。発行から3ヶ月以内であることが必要な条件となっています。その他には自賠責保険証明書・軽自動車届出済証記入申請書・自動車税申告書が必要です。自賠責保険証明書は有効期限のあるものが必要になります。軽自動車届出済証記入申請書は陸運局の売店で購入して、必要な内容を記入して提出してください。自動車税申告書は陸運局でもらうことができます。書類が揃ったら陸運局に提出することで、住所変更の届出手続きは完了します。さらに印鑑(三文判でOK)が必要になりますので、忘れずに持参するようにしましょう。

 

管轄する陸運局が異なる場合には、新しい住所地を管轄する陸運局に届け出を行います。必要な書類等は管轄する陸運局が同一の場合と基本的に変わりませんが、「届出済証」を紛失してしまった場合には注意が必要です。届出済証の再発行は古い住所地における陸運局に足を運んで申し込むことになりますので、遠隔地に引っ越す場合などには事前に再発行を受けておくことをおすすめします。

小型二輪バイク(251cc以上)の引っ越し手続き方法

バイク引越し小型二輪バイク

 

引っ越しの際にバイクを所有しているなら住所変更手続きが必要です。この手続きをしなければ、もしもの時に面倒になるので引越し手続き方法としてよく紹介されています。同時にバイクは50ccから125ccに収まる原付バイクと126ccから250ccに分類される軽二輪バイク、そして251cc以上の小型二輪バイクによって手続きの方法が異なるので要注意です。例えば原付バイクの場合は同一の市区町村内の引越しであれば必要な書類は転居届だけですが、別の市区町村への引越しをする場合は廃車証明書と標識交付証明書、新住所の住民票に印鑑の提出を行います。そのうえで新しいナンバープレートが発行されるため、それと古いナンバープレートを交換すれば手続きは完了です。このように原付バイクは引っ越し先の場所がまず第一に関わってきますが、小型二輪バイクは場所に関係なく定義されているので問題はないと言えます。

 

小型二輪車バイクの手続きで用意しなくてはならない書類は専用の申請書に手数料納付書、軽自動車申告書とバイクの車検証、自動車損害賠償責任保険証明書に新しい住所先の住民票、印鑑と委任状、そして念のため今まで使っていたナンバープレートです。ほとんどの書類が提出先である陸運局で入手できますが、代理人に行ってもらう証拠となる委任状はインターネットからダウンロードできます。またナンバープレートも変更する際に変える必要がある時のみ適用可能です。

 

そんな小型二輪バイクの手続きをする場所は市町村の役場でも行えますが、基本的に陸運局の管轄となります。期限は引っ越ししてから15日以内、提出可能な時間帯は開庁してから閉庁するまでです。委任状で触れたように代理人による申告は可能で、手数料は100円の申告書と600円のナンバープレートを合わせて約700円となります。ただしこれらの値段は地域で異なるケースが確認されているため、あくまで目安となります。"

引越し業者の料金は値切れるのか?

バイク引越し料金

 

引越しをするとなるとまとまったお金が必要なだけに、料金のことで頭を悩めてしまうことは多いものです。少しでも引越しをする際に費用を抑えたいと思った時には、場合によっては値切れることもあるということを覚えておくとお得に引越しをすることができます。日常生活をするにあたって、何かを安くしてもらう交渉をすることはそれほど多いものではありませんから、提示された料金を受け入れなければ行けないものだと思いがちですが、引越しにかかる料金は必ずしも見積もりで提示された金額を受け入れなければ行けないということはありません。

 

業者側からしても高いからと言って依頼をしてもらえないよりは、多少安くても仕事があったほうが良いわけですから、ある程度の融通はききます。特に繁忙期が過ぎて換算としている時期だと、大幅な値引きをしてくれることも少なくありません。逆に繁忙期の場合には、業者側も忙しくて依頼は他にあるわけですから、わざわざ料金を安くして自分たちの取り分を減らそうとはしないため、このような時期だとあまり値切ることはできません。

 

このように時期によって値切れるかそうでないかは変わってきますが、交渉次第ではいくらでも値切ることは可能であるため声をかけて見るだけの価値は十分にあると言えるでしょう。一言声をかけただけで数千円から万単位の金額が変わってくる可能性を考えれば、駄目元で安くならないか尋ねてみるのは悪くありません。交渉をする時には複数の業者から見積をしてもらって、それを参考として交渉をしてみるという手もあります。根拠となる数字があれば業者の方も他社に顧客を取られないように最大限の譲歩をしてくれますから、値切りやすくなります。また、このぐらいの金額になればすぐに依頼をすると事前に伝えるのも値切る方法としては効果的です。その金額なら依頼をしてくれるとわかれば相手もそれに応えようとしてくれるので、依頼をすることを条件に値引きを引き出してみるのも良いでしょう。